土井(どい)純子(じゅんこ) 先生

土井(どい)純子(じゅんこ) 先生

1960年 大阪生まれ
1986年 大阪歯科大学卒業、同大学矯正学教室に入局
1993年 日本矯正歯科学会認定医取得
1993年 歯学博士、博士号取得

大阪歯科大学卒業後、同大学矯正学教室に在籍し、歯並び治療(矯正)専門医師として研修を受け、 博士号を取得、その後、日本矯正歯科学会の認定医を取得し、文字通り「歯並び専門医」としての技術と知識を習得されています。

実際の治療に際しては、女性ならではの感性から「美しい口元の大切さ、若々しさの追求」をモットーに、日々従事されています。

そしてそのお人柄と人望は、成人女性からの依頼を圧倒的に多く受け、同性の悩みを理解できる専門医として高い評判を得られています。

現在は、足立 優歯科診療所(神戸市東灘区岡本)、ウェルケア高畑歯科医院(大阪市北区西天満)を中心に、専門医として治療に取組んでおられます。

「歯並びでお悩みの方へ」・・・土井先生からのアドバイス

『皆さんは、歯並びの治療をどのようにお考えですか?
事実、歯には歯を動かすための装置を取り付け、治療中のお手入れも複雑です。しかしこれらは想像
するほど大変ではなかったと多くの方から伺います。(実は、私自身も歯並びの治療の経験者です。)そして、この治療後には、一変して素敵な世界が待っています。歯並びに対するコンプレックスがなくなり、口元や笑顔に自信が持て、若々しくなるだけでなく、雰囲気まで明るく積極的になります。
また、歯並びが整うことにより、歯周病や虫歯予防のための日々のお手入れもしやすくなり、「美しさ」だけでなく、「健康」も手に入れることができ、生涯自分の歯で過ごすことも可能になるのです。
欧米では、白く整った歯並びが常識です。皆さんも積極的に歯並び治療のことを考えてみませんか?』

歯並び治療前後で変わる、横顔のシルエット

自分では気づかない横顔の印象は、歯並びの治療でこんなに変化します。

歯並び治療前後で変わる、横顔のシルエット